恋愛のカタチ

突然現れた彼との軌跡を綴ります。

悲しい気持ち

今日は、仲間数人で釣りに行って来ました。

もちろん、Yも一緒💖


集合時間よりも

30分早く二人で待ち合わせしてました(笑)


今日は朝から晩まで一緒に過ごせた。



同じ景色見て

たまに近くに行って

『今日も逢えたね。』って。


20代のカップルじゃあるまいし

本当に恥ずかしい(*/□\*)


もう暗くなって終了ってなった時

Yが『少し二人でゆっくりしたい』って言われて、たま~に行く場所へ移動して


Yの車に乗って

色々な話をしました。


Y『終わりってあるのかな?』


そんな事を聞かれました。


『俺が本当に弱みを見せる時は

○○に別れを言われた時だと思う』って。


私は、なんて言ったか覚えていません。

とても複雑な想い。


そして


ぎゅって抱きしめられて

キスをしてくれました。


『俺は、絶対に○○以外の女を好きにならないし、これからも信じてほしい』って。


信じてる。


不安なんて、何ひとつないよ。



でもね、奥さんには叶わないんだって

何故か悲しい気持ちになった。