恋愛のカタチ

突然現れた彼との軌跡を綴ります。

電話番号交換

帰り際に
私の所にやって来た。


Y「あのさ~電話番号を交換しない?」
私「良いよ」


             交換終了


彼の事は、ずっと前から知っていて
挨拶したり、たまに皆で釣りする仲間の1人だったから
とても自然だった。