恋愛のカタチ

突然現れた彼との軌跡を綴ります。

悲しい言葉。


この日の悲しい言葉。


『考えたくもないけど、もし○○に

好きな人が出来て、結婚となると

もう、今の関係は終わるよね?』


『俺の苦手な食べ物って○○と○○で

あっでも、○○は嫁じゃないんだから

関係ないか』


このフタツの言葉が、何だかなぁ。


嫁とは、離婚しないんだって思った。


私に好きな人が出来たら、終わりになるのを聞いて来た時には

『そうだね。私は不器用だから、嘘を付けないから、○○との関係は終わりだね』って

言いました。


若干、車内の空気が重くなり。


嫁は、ご飯は作るけど

掃除、洗濯は、殆んどしないみたい。


嫁と彼が休みが同じでも

一緒に出掛ける事は無いらしい。


私は結婚した経験がないから

良く分からないけど、色々な夫婦が

いるんだなぁって思うしかなくて。


嫁にしたら、素敵な旦那なんだろうか?



今日も、彼に逢えるので

この悲しい言葉から、どんどん楽しい事が

上書きされるような気がしたので

朝から記事を書きました。


楽しいだけじゃ駄目なのかな。

朝から、そんな事を考えました。


彼には帰る家は、あるけど

私には帰る家は、ありません(泣)